個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)

ルネサス健康保険組合は、被保険者と被扶養者の皆様への保険給付ならびに健康の保持・増進を目的とした各種事業の遂行にあたって、皆様からの信頼を戴けるよう個人情報の価値を十分に尊重し、その厳正な管理体制の確立と徹底に努めます。

ここに、以下のとおり、個人情報保護方針を定め、役員、組合会議員及び職員に周知し、これを実行します。

法令・規範の遵守

  1. 当健保組合は「個人情報の保護」に関係する日本の法令その他の規範を遵守します。

個人情報の保護に関する規則の策定及び実施

  1. 当健保組合は、役員、組合会議員及び職員に個人情報保護の重要性を認識させ、個人情報を適切に利用し、保護するための個人情報の保護に関する規程を策定するとともに、これを着実に実行し、これを維持し、継続的に改善します。

個人情報の適法な取得・利用・提供

  1. 当健保組合は、個人情報の取得にあたっては、健康保険法等の法令で取得が義務付けられている場合を除き、加入者に対し、利用目的を明らかにし、利用目的の達成に必要な範囲内でのみ使用します。
  2. 当健保組合は、あらかじめ同意がある場合を除き個人データを第三者に提供致しません。
    但し、以下の各号に該当する場合は、本人の同意を得ることなく、本人の個人データを第三者に提供することがあります。

    ①法令に基づく場合

    ②人の生命、身体または財産の保護のために必要である場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

    ③公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

    ④国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

  3. 利用目的遂行のために業務を委託する場合、個人情報の取り扱いに関する委託先の適正な管理および監督を行います。
  4. 被保険者および被扶養者が、当健保組合の個人情報データベースに保有されている個人情報の開示、訂正、削除等を希望する場合には、健康保険法等の法令ならびに個人情報保護管理規程に基づき、合理的な範囲で速やかに対応します。

個人情報の安全管理の実施

  1. 当健保組合は、個人情報の正確性及び安全性を確保するため、所定の規程に則り、個人情報へのアクセス管理、個人情報の持出し手段の制限、外部からの不正アクセスの防止等の安全管理措置及び必要な是正措置を実施し、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の予防のために必要かつ適切な措置を講じます。
  2. 当健保組合では、役員、組合会議員、職員及び業務に従事する全ての者に対し、個人情報の取り扱いに関する教育啓発活動を実施するほか、個人情報を取り扱っている業務単位で管理責任者を置き、適切な管理に努めます。