個人情報保護に対する取り組み

ルネサス健康保険組合(以下「当健保組合」という)では、個人情報の保護について次のような考えのもとに取り組んでいくことをお知らせ致します。

健康保険組合の役割

健康保険組合は、健康保険法に定める「被保険者の業務外の事由による疾病、負傷若しくは死亡又は出産及びその被扶養者の疾病、負傷、死亡又は出産に関する保険給付を行う」ならびに「健康教育、健康相談、健康診査その他健康の保持増進のために必要な事業」を行っています。

このように健康保険組合は、被保険者やその被扶養者 (以下「加入者」という)の病気やけがの治療費をみるだけでなく、出産や死亡したときの費用の補助や病気やけがのほか出産のため一時的に収入がなくなった場合の生活費の補助を致します。

個人情報の保護

従いまして、当健保組合がこれらの事業を実施し、加入者にサービスを提供していくうえで加入者の個人情報はなくてはならないものであり、その情報を安全に保管し、取り扱うことを最大の責務と認識し、事業活動に関わる全役職員及び関係者に徹底していきます。

また、当健保組合では次に掲げた事項を念頭に、加入者等の個人情報保護に万全を尽くすよう努めてまいります。