コルセット、ギプス、義眼などを作ったとき

保険医の承認があった場合に限って、コルセット、ギプス、歩行補助器、義眼などを必要とする場合は、本人が一時代金を支払い、あとで健康保険組合から基準料金の払い戻しを受けます。

下記の書類に必要事項を記入し、健康保険組合に申請してください。

手続き

手続書類

  1. 「療養費請求書(立替払い・治療用装具等)【K-001】」
    記入の仕方(治療用装具等用)
  2. 「意見書」【K-007】(病院から医師の診断書をもらっていない場合)
  3. 領収書

お願い:外傷で請求するときは、負傷の原因欄は詳細に記入してください。

(例)
・自宅の庭で植え木の手入れ中に、誤ってハシゴから転落した。
・学校のスポーツ大会でボールを取ろうとしたときに転倒した。