9歳未満の小児弱視等の治療で眼鏡やコンタクトレンズを作成したとき

保険医の承認があった場合、9歳未満の小児が弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用として眼鏡やコンタクトレンズを作成または購入した場合、健康保険組合から払い戻しを受けられます。また、眼鏡等の更新については、5歳未満は1年に1回、5歳以上9歳未満は2年に1回、支給対象になります。

払い戻される額は、作成または購入した費用(通知で定める上限あり)の7割または8割です。

下記の書類に必要事項を記入し、健康保険組合に申請してください。

手続き

手続書類

  1. 「療養費請求書(小児弱視の治療用眼鏡を作成したとき)【K-001】」
    記入の仕方(治療用装具等用)
  2. 治療用眼鏡、コンタクトレンズを作成または購入した際の領収書
  3. 保険医の作成指示書等の写し