亡くなったとき

被保険者が死亡した場合


被保険者(本人)の家族(被保険者の収入により生計を維持していた人)が被保険者の埋葬を行った場合、一律に5万円が「埋葬料」として支給されます。また、被保険者が死亡したときには本人に家族埋葬料として5万円が支給されます。

家族や身近な人がまったくない場合には、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の範囲内で実費(5万円を上限)が埋葬費として支給されます。

下記の書類に必要事項を記入し、事業主の証明または死亡したことを証明する書類(死亡診断書または埋<火>葬許可証など)、被保険者が死亡のときはには、権利継承届を添えて健康保険組合に提出してください。

被扶養者が死亡した場合

被扶養者が亡くなったときは「家族埋葬料」として、一律に50,000円が支給されます。

申請書類はこちら

死亡したことを証明する書類
(事業主の証明がもらえない場合)→死亡診断書・埋葬許可証または火葬許可証の写し

「権利承継届」(被保険者が死亡の場合)

埋葬費の請求の場合は、死亡証明のほかに埋葬にかかった費用の領収書を添付してください。

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず記名・捺印の上提出してください。

書類は申請書に記載の<申請書の送付先>欄に 送付ください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。